FC2ブログ

中学入試問題分析

最新の学校別中学入試問題(算数)の難易度、出題傾向、教科別合格点の目安などをご紹介します。また、「入試問題研究所」作成の教材や著作、小冊子の内容をご紹介しています。

小冊子『志望校の過去問をくり返し解くのは時間の無駄』 の内容を一部紹介します。

4.志望校の過去問の出題傾向を知るために、過去問をくり返し解く必要があるか。

過去問の出題傾向をしっかり把握しておくことはとても大切です。「同じ問題は2度と出ないから、志望校の過去問をすることはあまり大切ではない。」このような暴論を聞くこともありますが、これは入試問題に関してあまりにも無知な人の発言です。同じ問題を2年続けてあえて出題することもありますし、たとえば、学校によって、立体図形の求積問題を毎年最後に出題し、その問題は比較的易しいといったケースもあります。また、「速さ」ではたいてい旅人算の解法を利用する問題が出題されるといった学校もあります。
 このように学校によって異なる出題傾向を把握しておくことは得点力アップのための対策を練る上でとても大切ですが、そのために「過去問をくり返し解く」必要はまったくありません。
 過去5年~10年分の過去問を1通りやれば十分にその傾向はつかめます。
 
(注1) この小冊子は非売品です。弊社の教材購入者(小6限定)に無料で差し上げています〔在庫限り〕。
(注2) 小冊子「志望校の過去問を・・・」(1)については、5月28日のブログを参照。

>
 弊社作成・販売教材や添削指導の内容の詳細、価格等は「入試問題研究所」(左下にリンク)のホームページをご覧ください。
 「入試問題研究所」では学校別中学入試対策プリントの作成、販売を開始して13年になります。その間、延べ7500人以上の受験生にご利用いただきました。また、毎年10件ほど、プロ家庭教師や個別指導塾からご注文もいただいています。


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
   ↑
クリックしていただくと、他の方のブログをご覧になれます。 

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

入試問題研究所
  • Author: 入試問題研究所
  • 『入試問題研究所』作成教材、データなどの一部を紹介します。

Search

Calendar

05 « 2019/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -