FC2ブログ

中学入試問題分析

最新の学校別中学入試問題(算数)の難易度、出題傾向、教科別合格点の目安などをご紹介します。また、「入試問題研究所」作成の教材や著作、小冊子の内容をご紹介しています。

B.学校別:過去問分析表

 各学校の過去5年~10年分くらいの入試問題の各問題について、テーマ、出題内容と難易度をA(易しい)、B(普通)、C(難しい)の3段階で表示し、新傾向問題については☆印をつけてありますので、過去問の出題傾向を把握するための貴重な資料になります。特に、難易表示は確実に得点しなければならない問題(A)と、時間をかけてやってはいけない問題(C)がどこに含まれているかが容易にわかり、過去問を解いた後のチェックシートとして利用していただきたいものです。
 また、学校別:頻出問題対策プリント採用テーマの出題年度一覧も載せてあり、頻出の状況が一目でわかります。
(注) よく尋ねられることですが、市販の学校別過去問集の収録資料やや大手塾の学校別過去問傾向分析都は作成意図もその内容も全く異なる資料です。下の説明をご参考にどうぞ。

「過去問分析表」の作成意図
 中学入試問題の中には、ほとんどの受験生が不正解となるような難問や奇問が出題されることも少なくありません。受験に合格するためにはそのような問題は「時間をかけずにとばす」のが正解です。一方で、合格点を取るためには確実に正解しなければならない問題もあります。具体的にどの問題がそれらに該当するのかを示してあるという点が大手塾や出版社が作成している『学校別:過去問分析表』と決定的に違う点です。弊社の「過去問分析表」があれば、志望校の過去問を解いた後、できなかった問題のうち、どの問題の解き直しをする必要があるのかの判断材料になります。・・・[お子さんが100点を取るまで過去問をくり返し解かせるなどという無駄なことは、決してなさらないでください。]


 添削指導や教材プリント内容の詳細、価格等は「入試問題研究所」(左下にリンク)のホームページをご覧ください。
 「入試問題研究所」では学校別中学入試対策プリントの作成、販売を開始して14年になります。その間、延べ8000人以上の受験生にご利用いただきました。その中には、兄弟でのご利用や知人の紹介、中学受験関係の大手の『掲示板』、個人のブログなどの体験記を読んで弊社のことを知ったという方も多くいます。また、近年、プロ家庭教師の方や個別指導塾からのご注文も増えてきています。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
   ↑
クリックしていただくと、他の方のブログをご覧になれます。

スポンサーサイト



このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

Information

入試問題研究所
  • Author: 入試問題研究所
  • 『入試問題研究所』作成教材、データなどの一部を紹介します。

Search

Calendar

07 « 2019/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31